"カラダの様々な体力要素をバランスよくトレーニングする事が重要です。"

RHY fitness

Personal Trainer

TSUYOSHI TAKAHASHI
Personal Trainer

髙橋 剛/トレーナー歴25年 楽しく、きめ細やかな指導をモットーとしています。

フィットネスクラブやパーソナルトレーニングジムにおいてトレーナーやマネージャー、人材育成、プログラム開発を担当。

NEWS

営業再開について

6月1日より緊急事態宣言下において、フィットネスクラブについては、休業要請から時短要請に変更となりました。感染症拡大予防の観点から、当クラブも休業を続けてまいりましたが、6月1日より日曜日のみの営業とさせていただきます。

今後ともよろしくお願い致します。

臨時休業について

緊急事態宣言の発令に伴い、現在臨時休業とさせていただいております。

併設されておりますサロンも休業となります。

休業期間令和3年4月25日〜5月11日

もちろんソーシャル ディスタンス対応

スタジオにはヨガマットを6〜7枚敷くことができるスペースがあります。けっこ広いと自負しています(笑)

しかし昨今のコロナ禍では、密を避ける必要がありますので、全てのプログラムを定員4名とさせていただいております。

パーソナルやコンディショニングはお一人ですのでより安心ですね!

更に、毎時間アルコールによる消毒を施しています。

もちろんマスク着用

おうち時間が増えて、オンラインでのトレーニングも流行っていますが、

いまいちよく分からない・続かない・やっぱりリアルがいいと言ったお声も聞こえてきます。

感染に最大限留意しながらカラダを動かしていきましょう!

11月ももう終わり、師走がやってきます。

慌ただしい時期になりますが、体調管理にきをつけていきましょう

体幹のON/OFF

皆さんはピラティスと聞いてどの様なイメージを持たれるでしょうか。

腹筋トレーニングをイメージされる方も多いかも知れませんね。もちろん腹筋はたくさん使います!しかし、ピラティスの目的は腹筋トレーニングではないのです。

私のスタジオには、腰痛に悩むピラティスインストラクターの方も来店されます。その腰痛の原因は「腹筋」なのです。

昨今の体幹トレーニングもそうですが、腹筋を固めすぎることが多いと思われます。腹筋(体幹)は必要な時に必要なだけスイッチが入ればいいのです。

常にスイッチをONにするのではなく、ONとOFFが自分自身でコントロールできる必要があります。

ただ単に、トレーニングするのではなく、大切なのはカラダの使い方なのです。

RHY にはカラダの使い方が上手くなるプログラムを用意しております。

ただいま無料体験受付中です。

ご予約はこちらから▶︎

体験受付中

ドイツ製のトレーニング系ストレッチ器具fiveを使ったプログラムの体験受付中です。サーキットトレーニング、ヨガ、ピラティスにもfiveを使う新感覚のスペシャルプログラムを是非ご体験ください。

体験をご希望の方は、サイト内の『ご予約はこちら』を開き新規登録へとお進みください。登録後、ご希望の日時・プログラムをお選びいただけます。

ご予約お待ちしております。

CONTACT